MacBook Air 11インチのSSDを取り外す

スポンサーリンク

ついこの間、メインでは使っていない11インチのMacBook Air(2014)に問題が…

電源は入るのですが、OSの起動まで進まなくなってしまいました。(はてなマークが出る状態)

ジーニアスバーでみてもらったところ、ロジックボードかSSDに問題があるとのこと。

で、保証期間がとっくに過ぎていることもあり修理費用は53,000円かかると言われてしまいました。

私は現在MacBook Proを使っているので、高額な修理費用を払ってまで直す気は到底起きず、SSDを取り外してジャンク品として売却することにしました。

 

今回参考にしたサイト(ifixit)です。有名ですね。

この記事では詳しい手順は省きます。私と同じようにSSDの取り外しを行う方は上記サイトをご覧ください。

 

実際に取り外してみる

MacBookはどれも中身のパーツと底蓋で使われているネジの種類が違うようで、中身のパーツ用にトルクスドライバー(✡みたいな形)、底蓋用にペンタローブドライバー(☆みたいな形)の2種類が必要になりました。

MacBook Airの裏面です。縁にあるネジを外していきます。

MacBook Airの裏面

 

ペンタローブドライバーを使って開けたところです。下の黒くて大きい四角いやつがバッテリーです。SSDは中央より少し上にある、横に長い長方形のやつです。ネジがめちゃくちゃ小さいので、同じように開ける方はなくさないよう気をつけてください。

作業中に電源がショートするのを防ぐため、底蓋を外したら先ずはじめに電源とロジックボードをつないでいるコネクタを外す必要があります。

次に本命のSSDです。トルクスドライバーを使ってSSDを固定しているネジを外します。

SSDには東芝のものが使われていました。

MBAの底蓋取り外し後

MBAの底蓋のネジ

 

 

無事取り外すことができました。底蓋を元に戻して完了です。SSDを固定するネジを戻すのを忘れそうになりました。(気付いて良かった…)

すべての作業が終わったあと、Webから買い取り業者へ見積もり依頼を出しました。

20180820-MBASSD取り外したあと

 

査定結果

Webから見積もり依頼を出してから30分くらいで査定結果のメールが届きました。早い!!!!

結果は15,700円(価格保証)だそうです。

相場がわかりませんが、4年前のモデルのジャンク品でこの価格なら私は文句無しです。

そのまま買い取り依頼を出しました。

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
うおといひろば